Reborn-Art Festival 2019年8月3日(日)〜9月29日(土)、草間彌生など有名アーティストも参加

This post is also available in: en

草間彌生「真夜中に咲く花」

2017年の初開催では延べ26万⼈が来場したアート・音楽・食 の総合芸術祭 『Reborn-Art Festival 2019』が2019年も58⽇間に渡って開催される。オープニングを飾る音楽イベント、各エリアではアート作品展⽰の参加アーティストとして、草間彌生、浅野忠信、ザイ・クーニンなど。宮城県の牡鹿(おしか)半島と石巻市街地を舞台にした、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできるお祭り。東京から約2時間半、仙台からなら約1時間で石巻。市街地・半島・島に点在するアートを音楽と食とともに巡る旅へ。

テーマ『いのちのてざわり』
自然の猛威による未曾有の震災が残した⽖痕はいまもまだ東北のあちこちで散⾒できる。 それを単純に<ネガティヴ>と形容することには躊躇いがあるにせよ、そこから転じた<ポジティヴ>が『Reborn-Art=⼈が⽣生きる術』 をキーワードとするこの芸術祭を形作ってきたのは確かだ。 2017年の第1回ではアートを媒介にして人の想いや繋がりが新たにさまざまに⽣まれていった。 来たる2019年の第2回は『いのちのてざわり』をテーマに掲げようと思う。 暴⾛する経済をはじめとした現代社会の状況は、⼈が⽣きることの本質からどんどん遠ざかりつつあるように見える。 ⽯巻でしか⽣まれ得ない「いのち」という我々の根源に深く触れることのできる作品を、そこで新たな<ポジティブ>をみつける未来 に向けたダイナミズムを、ぜひ体感していただきたい。
Reborn-Art Festival 実行委員長 小林武史

  • 会期:2019年8月3日(土)〜~9月29日(日) <58日間>

  • 会場:牡⿅半島、網地島、⽯巻市街地、松島湾 (⽯巻市、塩竈市、東松島市、松島町、⼥川町) ※水曜⽇休祭予定<8⽉14⽇(⽔)およびイベント開催⽇は除く。詳細は後⽇発表> ※網地島エリアは8⽉20⽇(⽕)より開催
  • 主催:Reborn-‑Art Festival実行委員会、APバンク 共催:宮城県、⽯巻市、塩竈市、東松島市、松島町、⼥川町、株式会社河北新報社、東⽇本旅客鉄道株式会社 仙台⽀社、ヤフー株式会社 平成30年度文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
  • 協賛 (※50⾳音順) :株式会社木下グループ、キリン株式会社、住友林業株式会社、株式会社TSUTAYA、株式会社Tポイント・ジャパン 株式会社環境ステーション 連携事業 (※50⾳順):あいちトリエンナーレ2019、三陸防災復興プロジェクト2019、瀬戸内国際芸術祭2019

名和晃平「White Deer(Oshika)」

「Reborn-Art Festival 2019」オープニングイベント開催

◎開催日:2019年8月3日(土)・4日(日)
◎会場:石巻市総合体育館(宮城県石巻市泉町3丁目1番63号)
※出演アーティスト、チケット販売情報などの詳細は後⽇発表

「Reborn-Art Festival 2019」作品鑑賞パスポート前売り引換券発売中

パスポートで、会期中全てのアート作品を鑑賞することが出来ます。
【ご購入方法】 前売り引換券を特設サイトでご購入いただき、会期中に「Reborn-‑Art Festival 2019」 の主要案内所(⽯巻市街地、牡⿅半島の数箇所に設置予定)にて作品鑑賞パスポートと お引き換えください。

作品鑑賞パスポートの前売り引換券販売サイト
URL https://www.asoview.com/channel/tickets/5GbyybJkub/?utm_source=ticket_direct
※ご購入についての詳細と注意事項は、オフィシャルサイトにてご確認ください。

小林武史×wow×daysyballoon

Author: Akar Media

Share This Post On