インドネシアの世界自然遺産コモド島が2020年1月から閉鎖、観光客立ち入り禁止に

This post is also available in: id en

東ヌサトンゥガラにあるコモド島には、インドネシアの国立公園の一つ「コモド国立公園(コモドこくりつこうえん)があり、1991年、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された。この島には絶滅危惧種である巨大ドラゴンが住んでおり、毎年世界中から多くの観光客が訪れている。最近、コモドドラゴンの密輸が横行しており、コモドオオトカゲの生息数の増加と生息地の保護につなげることを目的とする計画を実行するため20201月から観光客向けの訪問が禁止されることを、州政府のスポークスマンが発表した。

あなたがコモド島に旅行したいなら、今年はあなたの最後のチャンスです!

 

 

Author: Akar Media

Share This Post On